「君はペガサス」の歌詞 AKB48

2007/3/7 リリース
作詞
秋元康
作曲
岡ナオキ
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ背中せなか
つばされて
ゆめはあっけなくわる
このばしても
あい跡形あとかたもなくサヨナラ

真珠しんじゅよりかなしげな
きみ眼差まなざしは
ぼくなか孤独こどく
見抜みぬいていたね
だれめられなかった
むね隙間すきまには
ふか絶望ぜつぼうだけがかくれした

そら
ああ ペガサスよ
なにおも
わかれをえらんだのだろう?

きみ自分じぶん
つばさてて
まっさかさまにちてく
こころなが
あか夕陽ゆうひのようなロマンス
もしも 二人ふたり
出会であわなければ
きみうしなうことなく
ぼくそら見上みあ
ずっと 伝説でんせつしんじてた

けがれなきいとしさは
まぼろしのナイフ
らぬうちに きずつけ
きずつけられた
もっと ちかづくことが
もっと かり
たったひとつのみち誤解ごかいしていた

その姿すがた
ああ えなくても
そこにいると
いまぼくにはわかるよ

きみ背中せなか
つばされて
ゆめはあっけなくわる
このばしても
あい跡形あとかたもなくサヨナラ
きみはじめから
想像上そうぞうじょう
ぼくえがいたペガサス
だれたことない
あいおもつづけたばつ

きみ背中せなか
つばされて
ゆめはあっけなくわる
このばしても
あい跡形あとかたもなくサヨナラ
きみはじめから
想像上そうぞうじょう
ぼくえがいたペガサス
だれたことない
あいおもつづけたばつ