「思い出のほとんど」の歌詞 AKB48

2012/8/15 リリース
作詞
秋元康
作曲
すみだしんや
文字サイズ
よみがな
hidden
それぞれのまどから
あおつきなが
だらだら長電話ながでんわしながら
なんでもはなした
おなじようにえても
ちが景色けしきなんだ
づいてはいたけど
れたくなかった そら

ずっと ずっと そばにいたから
はなばなれなんて(やだよ)
想像そうぞうできない

おものほとんどは そう一緒いっしょつくったね
わらったりいたりケンカしたりして
たがいのゆめ かたった日々ひび
ときぎて
おものほとんどは 2人ふたり足跡あしあと
あるいてはしってまって
何度なんどみちまよいここに
わかぎわ
とも

カーテンをいたら
それが合図あいずのように
しらんだあさわきから
しずかにあふれる
未来みらいはいつだって
らぬちかづき
大切たいせついまさえ
過去かこえてしまう なぜ?

だってだって最後さいごくらいは
いたかった わたし(ちゃんと)
ありがとうって…

できるならいますぐにけつけてきしめて
そのむねにおでこつけきたいけど
自分じぶんめた旅立たびだちのだから
ここにいるよ
できるならいますぐに弱音よわねきたい
ある一歩いっぽがとても不安ふあん
ホントはめてとおもってた
平気へいきそうに
とも

おものほとんどは そう一緒いっしょつくったね
わらったりいたりケンカしたりして
たがいのゆめ かたった日々ひび
ときぎて
おもはいつのうつくしい夕陽ゆうひとして
わたし足下照あしもとてらすでしょう
あなたのかおこえ地図ちずになる
どこにいても
とも