「檸檬の年頃」の歌詞 AKB48

2012/8/15 リリース
作詞
秋元康
作曲
すみだしんや
文字サイズ
よみがな
hidden
教室きょうしつ窓辺まどべ陽射ひざしの砂時計すなどけい
あなたをっている時間じかんかげになる
グラウンドをはしるユニフォーム姿すがた
カーテンにかくれて せつなくながめてた

あお檸檬レモン ひとつ
てのひらつつんで
あげたいの
そう わたしのすべて
あお檸檬レモン そっと
わかすぎる果実かじつ
もどかしい この年頃としごろ

さみしげなチャイムが ボールをめたとき
あなたが一瞬いっしゅんだけ こっちをたようで…
ときめきの鼓動こどうづかれたくなくて
窓辺まどべからはなれた 夕陽ゆうひ片想かたおも

こい檸檬レモンみたい
まっすぐにけない
とおまわり
ほら いびつなかたち
こい檸檬レモンみたい
甘酸あまずっぱいかおりは
不器用ぶきような この年頃としごろ

「ずっと きでした。
でも、えませんでした。」

教室きょうしつまどから てました。
グラウンドをはしるあなたを
っていました。」

時々ときどき、あなたがこっちをるようで。
そのたびに、わたしはカーテンにかくれていました。」

練習れんしゅうつかれたあなたに、
いつかあげようとおもって、
わたしてのひらなかには、いつも、まだ、あお檸檬レモンがありました。」

あお檸檬レモン ひとつ
てのひらつつんで
あげたいの
そう わたしのすべて
あお檸檬レモン そっと
わかすぎる果実かじつ
もどかしい この年頃としごろ