「純情ソーダ水」の歌詞 AKB48

2015/1/21 リリース
作詞
秋元康
作曲
片桐周太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ソーダすい
あなたがいつもんでた
グラスのなか ねてる
つよあわたち
シュワシュワ
ソーダすい
緑色みどりいろ別世界べつせかい
なぜだか
とても大人おとなえた

あのころは まだおさなくて
こいとは(こいとは)づかずに
ただやさしい家庭教師かていきょうし
おもってせっしてた

志望校しぼうこう合格ごうかく
よろこんだ
制服せいふくむねかんじた
純情じゅんじょう

ソーダすい
のどがチクチクするから
めなかった ずっと
どものわたし
あこが
ソーダすい
二十歳はたちぎてトライした
いまさら
おもしたみたいに…

おしかた 上手うまかったのに
恋愛れんあい(恋愛れんあい)落第点らくだいてん
そのことだけおしえてもらえず
何度なんど自習じしゅうした

建築家けんちくかになったって
後輩こうはいいたわ
わたしおぼえているかな?
あのの…

ソーダすい
あなたがいつもんでた
グラスのなか ねてる
つよあわたち
シュワシュワ
ソーダすい
緑色みどりいろ別世界べつせかい
なぜだか
とても大人おとなえた

あとから
きというその
むねにこみあげる
ちいさなあわ
いっぱい
あの純情じゅんじょう

ソーダすい
のどがチクチクするから
めなかった ずっと
どものわたし
あこが
ソーダすい
二十歳はたちぎてトライした
いまさら
おもしたみたいに…

なんかせつなくなった