「軽蔑していた愛情」の歌詞 AKB48

2007/4/18 リリース
作詞
秋元康
作曲
井上ヨシマサ
文字サイズ
よみがな
hidden
テレビのニュースがつたえる
匿名とくめいまもられた悲劇ひげき
携帯けいたいのメールをちながら
絵文字えもじのような日常にちじょう

大人おとな訳知わけしがおして
動機どうきさがしているけど
ピントはずれたその分析ぶんせき
わらえないギャグみたい

偏差値次第へんさちしだい階級かいきゅう
未来みらいめられてる
もう 頑張がんばっても
どうしようもないこと
ずいぶんまえ
づいてただけ
わたしたち

軽蔑けいべつしていた愛情あいじょう
らぬもとめている
孤独こどくになんてなりたくない
きしめてしかった
だれかに・・・

とりになろうとした少女しょうじょ
屋上おくじょうくつをちゃんとそろえて
マナーをめてしかったのか
それともてつけなのか

いじめが"あった"とか
"なかった"とか
今更いまさら アンケートをっても
いてしかったこころこえ
かぜなか とどかない

責任転嫁せきにんてんかのプロセスで
えらひとかせる
まだ わかってない
おろかすぎる連鎖れんさを・・・
ゆびすのは
なにもしなかった
この自分じぶん

軽蔑けいべつしていた愛情あいじょう
裏腹うらはらえているの
不安ふあんづかぬふりしながら
やさしい さがしてた
いつでも・・・

軽蔑けいべつしていた愛情あいじょう
らぬもとめている
孤独こどくになんてなりたくない
きしめてしかった
だれかに・・・
いつでも・・・