1. 青空のそばにいて歌詞

「青空のそばにいて」の歌詞 AKB48

2006/6/7 リリース
作詞
秋元康
作曲
八重樫ゆう一
文字サイズ
よみがな
hidden
きみとこの場所ばしょ出会であって
そら見上みあげながら
しろくものかたち
ゆびさしては 名前なまえつけった

どんな大切たいせつ気持きもちも
やがて えなくなる
かぜながされたのは
くもじゃなくて
ぼくたちのほう

時間ときは いつだって やさしくて
こいのかけらたちのしゴム

青空あおぞらのそばにいて
きみがあのまちっても
いませつなさを
時々ときどきはほらおもって…
青空あおぞらのそばにいて
あたらしい季節きせつ真下ました
ぼくかざ
まぶしそうに そう 微笑ほほえもう

もしも こころまよったら
そら見上みあげるんだ
きみ名前なまえつけた
くもえる
わらないぼく

あいかぎりない地平線ちへいせん
二人ふたり どこまででも一緒いっしょ

サヨナラは合言葉あいことば
あふほほなみだ
今日きょうおも
約束やくそく
さぁ 着替きがえて
サヨナラは合言葉あいことば
いつのか またえるはずさ
だから そのまで
べつみち いま ある

青空あおぞらのそばにいて
きみがあのまちっても
いませつなさを
時々ときどきはほらおもって…
青空あおぞらのそばにいて
あたらしい季節きせつ真下ました
ぼくかざ
まぶしそうに そう 微笑ほほえもう