「青空カフェ」の歌詞 AKB48

2014/1/22 リリース
作詞
秋元康
作曲
藤本貴則
文字サイズ
よみがな
hidden
れる木漏こも
なつ石段いしだん
二段跳にだんとびして
はしってのぼった

かみれてる
プールのかえりに
わせした
ちいさな神社じんじゃ

クラスメイトには秘密ひみつにして
わざととおまわみち
わたしたちのこい予感よかん

青空あおぞらカフェでもっとはなそう
かんコーヒーを そうみながら
みどりかぜかれていよう
せみこえさえわすれるくらい
こころゆるした
時間じかん魔法まほう

しず夕陽ゆうひ
やまくなり
べつ世界せかい
2人ふたりはいるのね

たのしかったと
つめた瞬間しゅんかん
とり一斉いっせい
いま った

友達ともだちでいれば学校がっこうでも
意識いしきせずにえるけれど
これからさき どうすればいい?

青空あおぞらカフェでキスはできない
だれかにきっとられているよ
そんな妄想もうそう かべただけで
ずかしくなって視線逸しせんそらした
ロマンスおあず
魔法まほうけた

星空ほしぞらカフェでもっとはなそう
おもったよりもあかるいんだね
つきひかりらされながら
もうすこしだけかえりたくない

青空あおぞらカフェでもっとはなそう
かんコーヒーを そうみながら
みどりかぜかれていよう
せみこえさえわすれるくらい
こころゆるした
時間じかん魔法まほう