1. JJに借りたもの歌詞

「JJに借りたもの」の歌詞 AKB48

2014/1/22 リリース
作詞
秋元康
作曲
鵜島仁文
文字サイズ
よみがな
hidden
落書らくがきだらけの地下鉄ちかてつ
地上ちじょうはしった数分間すうふんかん
おれたちがまれたハーレムが
楽園らくえんえるよ

こわされた消火栓しょうかせんまでが
わっていないまち
あるけば仲間なかまたちが
ハグをもとめて

JJにりをかえしに
ガキのころはなし
あいつのことだから
もうなに
おぼえていないだろう
やつりをかえしに
ずっとになっていたんだ
わすれててくれりゃすぐむさ
ビールをんでかえろうかな

あのころおれたちのような
ガキたちがタイヤをいてる
だれんでない廃墟はいきょなのに
洗濯物せんたくものがいっぱい

建前たてまえ本音ほんねがあるのは
どこのまちおなじなんだ
イリーガルな世界せかいにも
まもるべきルールがある

JJにわないわけにいかねえ
いつからかおもったよ
大人おとなになったから
いまなんだ
おれ決心けっしんした
やつわないわけにいかねえ
つまむすめ電話でんわして
なにえぬままったのは
おれまもりたいものができたのか?

なつかしいあのバーで
近況きんきょうがって
あのよる拳銃けんじゅう
トリガーいた

JJにりをかえしたんだ
おれ念願ねんがんだったけど
大人おとなになってから
どうでもいい
わすれそうになったよ
やつりをかえしたんだ
やっぱりゆるせなかった
大事だいじにしていたプライドは
ガキのころからずっとわらねえ