1. アラ皮歌詞

「アラ皮」の歌詞 ALI PROJECT

2008/12/10 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
昔々むかしむかし さかえしくに
王子おうじがひとりりへと
禁忌きんきもりはい
がけあしられて
けばつきちぬよる

そのとき眩暈めまいのなか ちかづくのは金色こんじき姿すがた
気高けだかそびえたつの 一頭いっとう神々こうごうしい牡鹿おじか
不思議ふしぎひかり若者わかものわれくしたように
ゆみかまえて ねらいをさだめて
たわげんはがね

いのちなどしまぬと
鹿しかぎんいろのこえ
だがこの森守もりまもるわたしが
ねばすべてはいばらとなり
おまえのみやこほろびるだろう

心臓しんぞう
きんくびいだかわ
いさんでしろはこばれる

とせ王子おうじおう
戦破いくさやぶくにおとろ
茨伝いばらつた城壁じょうへき
なげわす人々ひとびと
あいさち遠去とおざかりゆく

やがてはうものまで そこえとかわきのなか
もりへとおとなえどもちた木々きぎ のひとつもなく
いずみけものかげさえなくただかぜとお
つかくずれ ふとげれば
黄金おうごんおさな牡鹿おしが

あなたはちちかたき
いつかとおなこえひび
でもしかばねしたくに
ふたたよみがえらせるのは
あなたをおいてはだれもいない

永遠えいえんの わたしのこの血肉ちにく
国人くにびとすくえるだろう

いのちささげましょう
鹿しかぎんいろのこえ
おうなみだをこぼしながら
やわらかなむねへと
あのあやまちをこころから懺悔ざんげして
あらためたおう禁色きんじきひかりきる

ぬまで二頭にとうのアラかわ
まといつづけながら