「コトダマ」の歌詞 シゴフミ OP ALI PROJECT

2008/1/23 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
つめてるものの
本当ほんとう姿すがた
じたあとにせるため
また今日きょうとき
かれそうな
孤独こどくだけつむぐだろう

やみ白蓮びゃくれん
わす人々ひとびと
それでも追憶ついおく
未来みらいからおとま

吐息といきわる言葉ことばたちは
羽化うかするたましいつばさ

るでしょうか
まよってみだれて
あなたへときざみたい
この文字もじ

つたえたいことの
真実しんじつ欠片かけら
それさえもうまくとどかない
指先ゆびさきにじしたためたら
こころまでこぼせますか

きるわれらに
のこされた一言ひとこと
サヨナラだとしても

ひとみ宿やどるのは
えそうな夕星ゆうずつ
見詰みつえたらいい
そこによるともそう

まれるまえ言葉ことばたちが
ふたりの隙間すきまよこたわる

こえるでしょうか
うたうた
そのみみにだけささげたい
このこえ

しんじられるほど
たしかななにかが
このにどれだけあると
あいとかゆめとか
曖昧あいまいなものに
すがきたいのは何故なぜ

ああでもいま
のこされたぬくもりを
められるなら

つめてるものの
本当ほんとう姿すがた
じたあとにせるため
また明日あすとき
かれそうな
孤独こどくだけつむぐだろう

つたえたいことは
からだの奥底おくそこ
あまりにしずんでとどかない
指先ゆびさきかぶしたためたら
こころまでおくれますか

きるわれらが
最後さいごそだてるのが
サヨナラばかりだとしても