1. 亡國覚醒カタルシス歌詞

「亡國覚醒カタルシス」の歌詞 .hack//Roots ED ALI PROJECT

2006/5/24 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
なげキノかべゲラレテ
おろカノかみたてまつラレル

きるは毒杯どくはい 杞憂きゆうくるしみを
すべだれさずけよう
太陽たいようむと賢者けんじゃわし
羽搏はばたきだけがこだまする

このふたつの宿やどった
やみひかり その何方どっち
ぼく未来あした
つめるべきなのだろう

かわった瓦礫がれきまち
てんせんつなわせ
意味いみなどことばかり
あふれてゆく

ほのおのごとき孤独こどく
からだ しずめては
暗渠あんきょへとしたたってくしずく

かかげる毒杯どくはい このせいちても
がれるゆめなが
とりでつめ 孤高ここうわし
羽搏はばたきだけ がる

あの蒼穹そうきゅう磔刑たっけいにしてくれたまえ
てんむす場所ばしょぼく

花実かじつのような記憶きおくたちは
かれただがらだけ
あのたましい
何処どこったのだろう

つめたいはだ せてれて
むねきずきずわせ
ふたた辿たどるべき地図ちず
ここにきざ

世界せかいえぬつばさ
その黒影かげかくされた
純白じゅんぱく一羽ひとはね 射止いとめよ

きるは祝杯しゅくはい 口移くちうつしの快楽けいらく
かわわらいもいきえに
まぐわいあうなぐさみのてのひら
むなしさだけがふくらんで

ああ玉砕ぎょくさいうつくしくりゆくならば
恍惚こうこつさきにはまだきみ

なげキノかべくずサレテ
おろカノたみみなごろサレル

きるは毒杯どくはい あいするかなしみを
すべだれさずけよう
月下げっかねむるとしずかのわし
ごえだけ りて

かかげる祝杯しゅくはい わがせいちても
果敢はかない遊戯ゆうぎてもなく
とりでつめ 孤高ここうわし
羽搏はばたきだけががる

あの蒼穹そうきゅう磔刑たっけいにしてくれたまえ
つみばつ時代ときぼく