1. 修羅と蝶歌詞

「修羅と蝶」の歌詞 ALI PROJECT

2011/6/29 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
くるえるあらし すでとおりて
わたしなかねむねむ修羅しゅら

いとかれてたたまれる
千々ちぢかれたはねだろうと

ながした なみだわりに
何故なぜそれをあい
名付なづけようとおもうのだろう

病葉わくらばにもた このてのひら
れるくらつち 泥濘ぬかる皮膚ひふ
うずめてさがさん
しずめる さなぎ

ときにはあかあお黄色きいろ
わたしらぬ姿すがた修羅しゅら

けるひかりがれては
こころはなのぼ

とげしる言葉ことばよりふか
ただこれがこい
けがれたとてえぬように

色無いろなはな かたつぼみ
ひらることを はばごと

くきごと手折たおらん
うごめさなぎ

そしてちょう一斉いっせいにと
何故なぜいまがはる
まえたちにわかるのだろう

いまいきはこぶ このむね
やぶって最後さいごの ひとひら

ながした
なみだわりに
なおいまもあい
名付なづけたいとおもうのなら

きしめよう
ぎたくるしみも
いとしさがかえ化身けしんとして

こぼれるがら
羽化うかしたさなぎ

わたし