「処女懐胎、あるいは白骨塔より少女達は飛翔する」の歌詞 ALI PROJECT

2009/8/26 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
そらへとつづ糸杉いとすぎよりも
くらつちなか
わたしたちほう
てんっている

れてちる破片はへん
めながら

蜜蝋みつろうはだ かしくゆらせ
玻璃はりほね くだいて
このつつむものは
腐敗ふはいせぬたましい

はるかな古代むかしでも
らざる未來みらいでも
ずっと

くしたのはあおつばさ
太陽たいようたみあいされたあかし
此処ここにいるとつたえたくも
とどけたいのはだれ

見目麗みめうるわしくそしてみにく
まれついたけれど
わたしたちはけして
かみでなく

毒蛾どくが鱗粉りんぷん
おくられる葬列そうれつ

ひかりすじみちびくものは
信仰しんこう幻戯げんぎ
眼蓋まぶた世界せかいこそ
崩壊ほうかいせん現実げんじつ

ての泥濘ぬかるみから
いきかえすはあとすこ

さずかるのはくろつばさ
天使てんし悪魔あくま 抱擁ほうようしるし
もうひとつの鼓動こどうはいま
ほそ肢体からだやぶ

じてけて
夜明よあけより闇夜やみよより
破瓜はかなくて解体かいたい懐胎かいたい
再生さいせい

まれるのはしろつばさ
きしめるのが
かなうというのなら
其処そこくとつたえられる
っているのはなに

羽撃はばたくだけ
がるのは
こんなにも容易たやす

もっとたか
もうゆるされぬ落下らっか