1. 名なしの森歌詞

「名なしの森」の歌詞 ALI PROJECT

2007/4/4 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
一年中咲いちねんじゅうさみだれる
薔薇ばらそのらせたなら
わたしたちだって
すこしもわらずに
ときをのぼってけるかしら

ものわぬ庭師にわしのように
つちかわいたゆび
うつくしいものだけをつく

はるあま黄昏たそがれにも
こごえるふゆのベッドにも
いつもおなゆめりて でも
かんじるこころはもうちがうのでしょう

くせるものゆずれぬもの
えらびとっては
さびしさとあきら
むだけなら

何処どこにあるかわからぬ
しろさがしつづけるの
きっと辿たどりつけると
からだ中泥じゅうどろだらけにして
なみだいきとで
みち沼地ぬまちわって
後戻あともどりはできないから
ずっといて

かがみのようにしずまった
闇夜やみよ水面みなものぞけば
わたしたちののぞむものの
すべてがきらびやかに
手招てまねきしている

そのこうにくというの?
なにもかも
まやかしにむほど
よわくはない

何処どこにあるかわからぬ
しろさがつづけるの
けして辿たどりつけずに
むねだらけになっても
うろつくけものたちをおそれない
けるところまで
いつかづく
それはには
えないものだと

其処そこにあるかわからぬ
明日あすさがしつづけるの
きっと辿たどりつけると
からだ中傷じゅうきずだらけにして
さまようけものたちの姿すがた
自分じぶんっても
あわれまないで
本当ほんとうのふたり
まだまれてない