「君がため、惜しからざりし命さへ」の歌詞 ALI PROJECT

2007/4/4 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
わが余命幾よめいいくばくか
死神しにがみのみぞりたもう
のこった日々ひびすべてを
たとえきかえにしても

きみがそばに
いたあのとき
もどれるなら
なんでもしよう

うまれてはじめてぬほど
いたいとねがひとがいる

これまで本気ほんきかなしいと
かんじたことなどなかったのに

なのにどうして目蓋まぶたからは
なみだつたってしまうの
きみもとへたどりくかのように一筋ひとすじ

このきるだけで
背負せおったつみはないだろうか
粗末そまつ人間にんげんには
けしてなりたくないとか

もうけがれた
感情かんじょうなのか
すべてきみ
ためだとしても

うまれてはじめてぬほど
こいしいとおもひとがいる

これまでひとりがえられず
ふるえたことなどなかったのに

なぜほっしてはいけないのか
ぼくだけのためにながされる
あたたかくうつくしい一滴ひとしずく
あか

ハバタク羽根はね
あたエタモウ
マダソノむね
ひかりハトドクワ

うまれてはじめてんでも
いたいとねがひとがいる

これまで本気ほんきかなしいと
かんじたことなどなかったのに

なのにどうして目蓋まぶたからは
なみだつたってしまうの
きみもとへたどりくかのように一筋ひとすじ