1. 天体瑠璃星万華鏡歌詞

「天体瑠璃星万華鏡」の歌詞 ALI PROJECT

2011/6/29 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
コバルトいろそら
翼広つばさひろげて
んでみたいとねが
太古たいこより人類ひと

りゅうのようにつよ
とりのように優雅ゆうが
どこまでも自由じゆう
軽々かるがるはるたかみへ

だけどわたしべるなら
ひそやかなちょうがいい
はなかおりにさそわれて
かぜ瑠璃揚羽るりあげは
大切たいせつ蜜運みつはこ
またつぎはなへと

だれもがとおをして
見果みはてぬゆめかたるわ
れたはね つくろうことなら
できるけど
こころきずついたら
すぐちかくにある
うつくしいものをつめて

あい雲間くもま またた
あの星々ほしぼし
ってみたいとおも
いつの人類ひと

のぞ希望きぼう 欲望よくぼう
ときやみかかえる
ふかむねなか
夜空よぞらよりかがやけるのに

ずっとわたしはここに
どこよりもあおほし
まち片隅かたすみ
瑠璃るりひかる海原眺うみなが
いとしさに出会であうのを
ただしんちつづける

だれもがうつむきながら
ささや未来みらいのはなし
ひもとかれた神話しんわ
おしまいがても
おそれたりはしないわ
このまれて
いまをきてきたのだから

だれもがあおをして
見果みはてぬ夢追ゆめおいかける
れたはね つくろうことなら
できるから
こころこごえたとき
すぐとなりにいるひと
ぬくもりをきしめて