1. 少女と水蜜桃歌詞

「少女と水蜜桃」の歌詞 ALI PROJECT

2013/9/11 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
いくつになったら少女しょうじょ
ばれなくなるのでしょう
かあさま わたしはもうとうに
大人おとなになってしまったの

はる節句せっく
毛氈もうせん いた部屋へや

段飾だんかざ雛遊ひなあそ
ひそかなささや
しずかに人形にんぎょうたちの
見下みおろす

にわすみつぼみ
ももきし
かたむ屏風びょうぶなか
かぜにひとひら
ってちる あかかげ

人生じんせいはいたづらですか
えらべぬおみくじのよう
かあさま 不幸ふこうなあなたと
おなじでもいいでいます

ともほのお
ほとけさま かぶ おかお

しろ畳紙たとうしうえ
らばる黒髪くろかみ
いつでもやさしいゆび
われていた

果実かじつむし
そのおぞましさを
にくくそうとしても
むねだけに仕舞しまって
少女しょうじょのままで るために

たとえ貴女あなた
っていて
だまっていても

段飾だんかざ雛遊ひなあそ
たおやかな微笑びしょう
わたしはあの人形にんぎょう
なりたかった

にわすみさかりの
あおえだいま
あまやかなみつたず
かた果肉かにくのまま
みのってちる ももひとつ