1. 平成日本残酷物語歌詞

「平成日本残酷物語」の歌詞 ALI PROJECT

2010/9/29 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
はすはなのような手合てあわせて
しるきずまんじかさねる
おもみ なんてものは
こうしてかんじるのさ

墨画すみえ日々ひびへとこぼしたいいろ
だれかがあまみつ無色むしょく
本当ほんとうしいものなんて
そんなもんさ

幾代いくよ乱世らんせ
えた
まれてしまった
万死ばんし一生いっしょう

どこまでも侵略しんりゃくしてやろう
ろうおまえに
緩慢かんまん拷問ごうもん
きばかれちまうよりもさき

昭和しょうわ詩人しじんうたったろう
君死きみしにたもうなかれ
そんな綺麗きれい
なみだなんてれない

銃口じゅうこうてん無意味むいみはか
ばぬたかはねむなしさで
あおそらけがしてゆくのが青春せいしゅん

されたくないのだ
家畜かちくのように
おろか をたみ
むれ一人ひとりには

いくらでも略奪りゃくだつしてやろう
ものにするおまえを
泥濘ぬかるみ寝台しんだい
やさしく去勢きょせいされちまうまえ

かつておとこらはっただろう
さあちてしまんと
でもぼくたちは
なにてきにすりゃいいんだろ

どこまでも侵略しんりゃくしてやろう
ろう 時代じだい
監獄かんごく自由じゆう
目眩めくらましされちまわないために

昭和しょうわ作家さっかいただろう
復讐ふくしゅうするはわれ
だけどいかりを
つのはかみじゃなくおのれ
つのはかみじゃないぼく