1. 百合と夜鶯歌詞

「百合と夜鶯」の歌詞 ALI PROJECT

2015/1/1 リリース
作詞
ARIKA TAKARANO
作曲
MIKIYA KATAKURA
文字サイズ
よみがな
hidden
つき羽根はねめた
夜鶯うぐいす
かぐわしきうれいの百合ゆりへと
いかける

何故なぜあなたは
夜毎よごと はならして
うつくしいよい
ただいてごすの?

それはこいしいひと
むすめくから

やさしくれたゆび
わすれられずに
れるだけのこの
あわれでかなしい
あのひとむねのなか
かおれるならば
いちいのちしまぬのに

百合ゆりこたあまふるえる

もりこけしとね
彷徨さまようのはむすめ
葉末はずえあわいから
よるうぐいすたずねる

何故なぜあなたは
ひとりくら小径こみち
いばらなが
まよんだの?

それはこいしいひと
ってったから

うつろいわるものは
ときだけじゃなく
ひとあいこころ
ってしまったの
いとしいうでのなかに
もどれぬならば
もうゆめ欠片かけらえぬでしょう

ながかみ薄闇うすやみ

やがてむすめ
ちた百合ゆり根元ねもと
たおれてその目蓋まぶた
じてうごかない
みだれるようにひら
はなそこから
黄金おうごん花粉かふんそそ

うつろいらぐものが
はかないのなら
きよらかなままのぼ
たましいはどこへ
しろ墓標ぼひょううえ
さえずよるとり
天使てんしつばさあこがれて

一晩中ひとばんじゅう
羽搏はばたきました