1. 百合の日々は追憶の中に潜み薫る歌詞

「百合の日々は追憶の中に潜み薫る」の歌詞 ALI PROJECT

2010/3/17 リリース
作詞
Arika Takarano
作曲
Mikiya Katakura
文字サイズ
よみがな
hidden
雪花石膏アラバスター背骨せぼねきしませあるくこの現世げんせ
なぜこんなにもみにくけがれにちているのでしょうか
わたしは今日きょうもひとり
脇目わきめふらず
繻子しゅすくつ 泥塗どろまみれようが
ただあるいていたいのに

こえをかけるのはだれ
かたつかむのはなに
いとわしいものらにたたえた
微笑びしょう蒼白そうはくちょう
日常にちじょう

いまはどこにいるの
わたしのいとしい
いもうとたち おねえさま
くずおれるよる

かつてうるわしのもり
おなじひとつのくき
つらなりいたわたしたちは
ああうつくしい白百合しらゆり
月光げっこう愛人ラマン

わすれぬ かおりを
風間かざまはなって

しずかにこえ わせましょう
けむもやふるえる
ともうたゆめわし
あまねむけあい
たとえときへだてたとて
つながる 指先ゆびさき ぎんいと

ひろげたむね かさねましょう
れそぼって こぼれて
金華きんかたま 月花つきかたね
またたがいをごもる
けしてひとてなかった
あいという美学びがくは ここに

鳩血紅色ビジョンブラッド心臓潤しんぞううるませるこの現実げんじつ
なぜこんなにもかわいたかなしみがあふれるのでしょうか
わたしたちはひとりも
ちはしない
白百合しらゆり記憶きおくきしめ
ただあるいていくでしょう
息絶いきたえぬように