「腕 kaina」の歌詞 ALI PROJECT

2010/7/14 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
ひざがくずおれる
いたてのひら
あせ
あおすな

そらうみひるよる
あいだたおれるその
でも世界せかいきみもる
たすけなどぬことは
もうっていよう

えぬものたちが
はばんでも
きみるのは岩間いわま牢獄ろうごくじゃない
いくらでもえられる
そのみち彼方かなた
わたしとう
光輝ひかりかがやきみだけを

一人ひとりだとおもうときほど
そばにあるはかげ

しん暗闇くらやみ
けしてあたえぬように
じたまぶたには
れる残像ざんぞう

かぜなみ過去かこ未来みらい
かびしずまらぬこころ
まだ世界せかいてをたず
ゆめつばさには
れる星遠ほしとお

おのれまもれるのは
おのれほかにない
きみまとうははがね甲冑かっちゅうじゃない
何度なんどでもがれ
いたともなうなら
わたしこう
胸裂むねさけるほどの咆哮ほうこう

なみだではあらながせぬだろう
何一なにひと

えぬものたちに
おおくされても
ちてゆくのは土底つちぞこひつぎじゃない
いくらでもえられる
そのみち行方ゆくえ
つづけよう
光輝ひかりかがやくそのときを

そう
きみぬのは
わたしうでなかだから