1. 薔薇娼館歌詞

「薔薇娼館」の歌詞 ALI PROJECT

2013/9/11 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
濃紅こいくれないへとしずゆうべに
つちたわまぬまま
すこしずつちるのは

また一片ひとひら花弁かべん
また一輪いちりん薔薇ばら
あおざめ
かつての純白じゅんぱく

まだかおりはほのかに
まだ記憶きおくとどめて
すべてあまやかに
わすれよとげるように

いまわたしねたましい
はなとき

硝子がらすつたわる水滴すいてきなが
こごえることのない
はだつめとげ

指先ゆびさきれもせず
ささやきもわさずに
遠離とおざかかげ
っても

ひとみからえられて
むねおく何度なんど
ひらこうと
一塊ひとかたまりあか

こいんで
いつくしめばいいのですか

また一片ひとひら花弁かべん
まだ一輪いちりん薔薇ばら
そとさわかぜ
とおぎる修羅しゅら

なおかおりは
もうひとつあとひとつ
このわりに
ててゆくがいい

溜息ためいきこぼさずに
さけごえげずに
ただひとりの
べに

ここはつた蔓延はびこ
ねつもる温室おんしつ
きもれもせぬ
わが薔薇ばらだけのため

だれかのまれた
造花ぞうかのような