1. 薔薇架刑歌詞

「薔薇架刑」の歌詞 ALI PROJECT

2007/4/4 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
もしもわたしが
仄蒼ほのあお薔薇そうびなら
肉体からだほころはなでしょう

する駒鳥こまどりたち
とげきしめ
あまみつきかえに
そそがせあかあか
つきびて燦燦さんさん
さかりのときまらせて
いのりのように のろいのように
ひらいた花唇かしん奥底おくそこうた

そうまでもして
ほこるのかと
うなかれ

もしもわたしが
いた薔薇そうびなら
こころうごめくそのでしょう

土深つちふかくに亡骸なきがら
いくかぞえて
やみみしにご夜露よつゆ
むさぼくしくして
あかくきのぼりつめ
ひかり在処ありか さぐりつづける
天女てんにょのように けもののように
ちていく場処ばしょ墓穴はかあなれど

それほどまでに
あいしたいのかと
うなかれ

えだめぐにじませ
みずからの架刑かけいとせん
つきひそ煌煌こうこう
わたしは薔薇ばらでわたしはおんな
のろいのように いのりのように
するおもいはかおりつつただ

そうしてなおも
きてゆくのかと
いながら