1. 逢魔蛾城の伯爵歌詞

「逢魔蛾城の伯爵」の歌詞 ALI PROJECT

2011/6/29 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
てん微睡まどろかみゆびから
物語ものがたりをしたためる藍墨インク
そらこぼれてひろがる金青ブルー

かたいた門扉もんびひらいて
いまが 逢魔ケ刻おうまがとき

一斉いっせい菫蛾緑蝶すみれがりょくちょう
鱗粉りんぷん七色なないろ霧雨きりさめ
おそれずれた外套マントいで

さあようこそ
まよまれた乙女おとめ
われがしろあるじ

あお絨毯一歩進じゅうたんいっぽすすめば
紅粉青蛾こうふんせいが侍女じじょ
そのにぎうたげさそ
おく大広間おおひろまには
大勢おおぜいはなやぐひと

ときもど

夕月豪華ゆうづきごうか仮面舞踏会かめんぶどうかい
村人罪人魔女むらびとつみびとまじょおうおど

とおむかし
幻影げんえいなどではない

乙女おとめよ あなたが
わたしを目覚めざめさせた
そのむねにある純粋じゅんすい

なんとなつかしい
むらさきいろのひとみなのだろう

っておられようか
ひとに そのプシケ
ちょうわり
あいした場所ばしょ はなれられないまま
うのだ

ながあいだ わすれていた
よろこびと そしてかなしみ

ああなにより
わがしろより
まもりたかったうつくしいつま

わたしをつめる
その
あののもの

どうかかないでおくれ

永遠えいえんさき
逢魔ケ刻おうまがとき
やみしずむまで