「阿芙蓉寝台」の歌詞 ALI PROJECT

2009/8/26 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
水銀すいぎんぜた薄紅うすべに美酒びしゅ
そうとりながらしては
かしこむ こい

このまとえぬ白繻子しらしゅすきぬ
微醺びくんからだめぐえた
血糊ちのりめれば

あまよそおって
あなたが
わたしこそが罌粟どくはな

あしうでももぎられた
とらわれのおんなのように
おもいだけがとどまっている
むねけばこの鼓動こどう
ささげてきょうせますか

れたきぬ阿片寝台あへんしんだい
せれば百年ひゃくねんむかし
黄昏たそがれひろがる

ながときをただ出逢であためだけに
きたともうげましょう
あなた わりなどないと

永遠えいえん忘却ぼうきゃく
おそれよりいたみより
がたいもの

くびほねきざまれ
人形ひとがた一塊いっかいとなる
わがこころけむり
ものわぬくちびるから
されるむらさき

えよふかくこのわたし
さあのど皮膚ひふにく
ただれながらづくがいい
かぎりないほどの恍惚こうこつ
しんあい化身けしん

わたしえぐろう
ああいとしき罪人つみびと
やみそこともにあらん
いたむね心臓しんのぞう
かさねてきょうおう