「隼の白バラ」の歌詞 ALI PROJECT

2013/9/11 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
いまははやぶさ
操縦席そうじゅうせき手向たむけしは

真白まっしろきバラ 大輪たいりん
手折たおられたとて瑞々みずみずしく

白雲はくうんくぐって
りしひといのちのよう

幾千万いくせんまんくるしみかなしみをほうむ
そのいしずえ平和へいわというとう
のぼりつづけるのならばわすれることなかれ
このくにまも英霊えいれい
いのりのなか
いつもつめていると

故郷ふるさと遺書いしょ
にじ文字もじ父母ちちははうえ

いしかれらもとうに
そら彼方かなたともにあらん

ぎゆく時代じだいさき
まれわれるなら

いつか記憶きおくうすれて
それはとお世界せかいいくさはなしのように
かたられるのだろう
でも我々われわれはひとつのおおきなたましい
ながしたさずけられて
あたらしいせい
明日あしたつなぎつづける

今年ことしもまたしずかなる なつおとず
気高けだかさとはかなあわはな
つよさとほこりをせてはばたく とり
このくにうつくしくあれ
正義せいぎきる
ひと姿すがたのままに