「髑髏ヶ城の巫女達は永遠に現世の夢を見る」の歌詞 ALI PROJECT

2010/9/29 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
はるむかし
わたしたちが
緋色ひいろつばさかれていた
記憶きおく

まゆうごかいこのように
つむ白日夢はくちゅうむ
きぬ千早ちはやつつ

それは未來みらい いのもっ
暗黒あんこくけるほどの
うるわしき光景こうけい

やみなかひかりなのか
滅亡めつぼうかげみちび
ひづめおと

転生てんせいせよ 民族みんぞく
やまくだかわのごとく
まだうだろう
終焉しゅうえんうたげには

づるところ
こうしてまたまれ
すべくしてもこころ
とうとときへともど
此処ここきることの神秘しんぴ
共鳴きょうめい

おそれなき明日あすなど
りはせぬと

てん穿うがぎん奈落ならく
月宮殿げっきゅうでんからとど
交情こうじょう矢文やぶみ

ひとりでなくひとつでない
なぜそれをわす
孤獨こどくばかりいろどみやこ

けがけぬむねしず
だれおもいたみのけん
ささげることだけが
この巫女みこいくさなり

しずところ
生贄いけにえうずめよう
しろゆび あか骨繋ほねつないで
羽撃はばたわりにわたしたちを
ともいのちしたたかさ
はかな

かなしみをふさぐことが
できなくとも

づるところ
こうしてまたして
ゆめかえっては見果みはてぬ
いとしいときへとがる
幾度見いくどみきることの豊饒ほうじょう
みなもと

つき
そびつは髑髏ヶ城どくろがじょう
おそれなき
ひとなどりはしない