「Animals on the Earth」の歌詞 ALI PROJECT

2009/8/26 リリース
作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也
文字サイズ
よみがな
hidden
サバンナを彷徨さまよわたしはライオン
かぜって夕日ゆうひへと ける
それともゆき崖昇がけのぼるカモシカ
れとともねむれる つき欠片かけら

はじめてるのになぜかなつかしい
そんな景色けしきがいくつもあって
なんて不思議ふしぎ気持きもちになるんだろう

まれてくるまえ
どこにいたのか
はるかな記憶きおく
なにみちび

ひとりではないと
づいたらここに
いまきる意味知いみしりたい

海原うなばらかれるわたしはイルカ
なみうたたわむれて およ
あるいはこおり道行みちゆしろクマ
水平線すいへいせんえてくるはる

理由りゆうもないのになぜかなみだ
こぼれるよる孤独こどくのなかに
なんてやさしい気持きもちがにじむんだろう

まれわるたび
どこへとかう
つむいだ記憶きおく
なくさぬように

おおきなちから
こせるのは
だれにでもある奇跡きせき

あめくさわたわたしあり
かがやそらめぐみを ける
太陽たいようちかづくときにはわし
自由じゆうつばさこころそのもの

まぶたをとじればひろがってゆく
どこまでもうみもり大地だいち
そしてこの地球ちきゅうというほしつつあお

億万おくまん夢見ゆめみちいさな胎児たいじ
ひかりもとめてうでばす
やがて二本にほんあしつちんで
いまこうしてきてるわたし人間にんげん

すべての生命いのち自然しぜんのなかに
あるがままにかされている
なんてあたたかな気持きもちがあるんだろう

世界せかいゆめ
地球ちきゅうゆめ