「北極星」の歌詞 ALvino

2007/9/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
何処どこくの なにしいの 何一なにひとつもからないまま
いつになれば つよくなれるの それだけさがした

自分じぶんあるいたみち うずくまってた 何一なにひとつかむものもなかった

いくつものほしながれてもたったひとつだけうごかずにかがやいていた
るがないものたったひとわらずにあるものひと
自分じぶんなかさがしていた

なにきで なにきらいか そんなことひとつもえず
時間じかんだけが あたまなかとおぎていた

自分じぶん気持きもひとからなくて 人目ひとめばかりにしてあるいてた

うしろからなにわれてもゆびをさされてもとおつよさがしい
だれためきているのかからなくなるそのまえ
自分じぶんのしるしつけにこう

よる そらうつほし何度なんどたしかめてた

いくつものほしながれてもたったひとつだけうごかずにかがやいていた
るがないものたったひとわらずにあるものひと
自分じぶんのしるしつけにこう