「A Glass Of Twenties」の歌詞 ANNA

1997/3/21 リリース
作詞
TOSHIKI KADOMATSU
作曲
TOSHIKI KADOMATSU
文字サイズ
よみがな
hidden
よるともなればまたさわぎだす
こたえのない迷路めいろあめ
おなかみいろ
おなをしたcuties
なにかをこわがるように
いながらごとだらけ
こころいとはほつれたままで
だれかをしんじたい
こえこえてくる
けばちるだけ
ガラスのtwenties
だまされないで
メディアのうら
めぐらされたはやりごと
本当ほんとう大事だいじなものはひとつない

こいともなれば目鷹めたか
ものこころ天秤てんびんにかけて
気持きもちいいときほど
はや事知ことしらないふりのままで
ガラスのtwenties
わかるでしょう
ショーウインドウに
かざられてるゆめかげ
本当ほんとう素敵すてきなものはなにもない

ながされていく毎日まいにちなかにさえ
こころひとつでえられる
ことがあるのよ

けるまえ
空色そらいろうつろいに
真実しんじつつけてよ
ガラスのtwenties
あきらめないで
ときおそれず
かがやきたいならばいつも
時代いまおどらされないでtrust your heart