1. 名を呼ぶ歌詞

「名を呼ぶ」の歌詞 ARCHAIC RAG STORE

2015/6/10 リリース
作詞
鴻池遼
作曲
鴻池遼
文字サイズ
よみがな
hidden
対岸たいがんから きみ名前なまえ
きっときみるとしんじて
僕等ぼくらはまだ なにもらないまま
硝子細工がらすざいくのような日々ひびけた

雪解ゆきどけの川辺かわべてられたかんビールと
季節きせつはずれの花火はなびあと
めぐみずおとされたメロディ
ゆるんだ靴紐くつひもむすなおした

もうすぐ 此処ここにもはなころ
はる息吹いぶき足立あしだまち
茜色あかねいろまる 並木道なみきみちけて
夕暮ゆうぐれのこうぎしわせ

いま きみもとあしはやかう途中とちゅう
かぜさそわれるまま した あわいきらめきのような季節きせつはじまりへ

対岸たいがんからきみ名前なまえ
きっときみるとしんじて
僕等ぼくらはまだ なにもらないまま
この硝子細工がらすざいくのような日々ひびこう

どんな未来みらいがあって どれほどの景色けしきをみられるだろう?
きみぼくわらいかけた
いつものように くだらないはなしでもしようぜ

いま にじんでゆく いつかぼくらがえがいた 不確ふたしかな未来図みらいず

何処どこまでゆける?
何処どこまででもゆけるさ
すべてがわってしまっても

どんな未来みらいがあって どれほどの景色けしきっているだろう
ぼく何度なんどでもさけつづける
約束やくそくはまだ たせていないよ なあ

対岸たいがんからきみ名前なまえ
きっときみるとしんじて
僕等ぼくらはまだ なにもらないまま
この硝子細工がらすざいくのような日々ひびけた