1. 夜を翔ける鳥歌詞

「夜を翔ける鳥」の歌詞 ARCHAIC RAG STORE

2015/6/10 リリース
作詞
鴻池遼
作曲
鴻池遼
文字サイズ
よみがな
hidden
そのさきなにえるだろう
明日あすはすぐそこまでている
ぼくらはまよいながら、
たしかめながらあるつづける

まってしまったよるには
とどかないそらばしてみるけど
ふるえるこの指先ゆびさきが なにをしているのかすらわからないまま

きみはわらっていた
展望台てんぼうだいから まち見下みおろして
まれそうな暗闇くらやみのなかにきらめく かすかなひかり

このそら彼方かなたへ どこまでもばたいていく
いのちえるまで
よるえぼくらも それぞれの未来みらいへゆくんだ
つないだはなすときだよ

わりゆく世界せかい われないぼくら
もどれない昨日きのう それでもいかなきゃ
そそほしあめと ひとひらの羽根はね

このそら彼方かなたへ どこまでもばたいていく
いのちえるまで
よるえぼくらも それぞれの未来みらいへゆくんだ
つないだはなすときだよ

朝焼あさやけのまちいきかえしたように
ざわめきはじめる もう時間じかんだね
かえらないで まえひろがる景色けしきへ...
物語ものがたりはじまったばかり

いま はじまる