「青空と黒い猫」の歌詞 ASIAN KUNG-FU GENERATION

2010/6/23 リリース
作詞
Masafumi Gotoh
作曲
Masafumi Gotoh
文字サイズ
よみがな
hidden
かれのひらをまえして
あふ透明とうめいすこって のどうるおして
ふかく ひとついきをする
それはひがしアジアの朝方あさがた風景ふうけい
てられた黒猫くろねこようかれだって のどふるわせて
自分以外じぶんいがいんだんだ

嗚呼ああ きづついた兵士へいし
物乞ものごいのぼうやのらす路地ろじも そう
とどかなくても まじわらなくても
そらがいつもとおなあおさをたたえていたって

だれ身体からだもいつかなくなって永遠えいえんはないのだろう
それだって きみたましいとどこかつながっていたいとぼくおも

なにもなくて 不安ふあん
むねおくきむしるような日々ひびかれきて
ひらいてしぼるようにきて
それはぼく
それはきっともうひとりのぼく
あるいは君自身きみじしん

嗚呼ああ 些細ささいうそ繊細せんさいきみれても
とどかなくても まじわらなくても
そらがいつもとおなあおさをたたえていたって

だれ身体からだもいつかなくなって永遠えいえんはないのだろう
それだってきみたましいとどこかつながっていたいとぼくおもうよ
そうねがうよ

いるの?
あるの?
おもえがいているよ