1. はるかな国から歌詞

「はるかな国から」の歌詞 ASKA

1995/2/27 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
世間せけん不況ふきょうという文字もじそうとしてるあいだ
合図あいずおくれないまま ひとり少年しょうねんんだ

テレビやラジオや新聞しんぶんなみださそいかけては
大人おとなして
つみくえさがしてる だれくえさがしてる

あいという不透明ふとうめいいのちせんなか
しゃがみこむようにえた

なつにはシャツをごう ふゆかさしよう
風邪かぜをひくのはとてもきらいだな

あんなにたかそらあるくのは
とても大変たいへんだな

あじのないあさのパンを無理むりに ミルクでながんでは
元気げんきになったがする ほんの一瞬いっしゅん気持きも

そんな一瞬いっしゅん気持きもちがむねいでえなくなる
ロマンス映画えいがなんかじゃ
こころりなくなってる 物足ものたりなくなってる

どんな手品てじなでさえも 仕掛しかけならあるだろうに
はこけずにえた

なつにはシャツをごう ふゆかさしよう
風邪かぜをひくのはとてもきらいだな

あんなカードで すべてけるのは
とてもいたそうだな

はるかなくにから はるかなくにまで
あいまれて あいにはぐれて

なつにはシャツをごう ふゆかさしよう
風邪かぜをひくのはとてもきらいだな

はるかなくにから はるかなくにまで

あいまれて あいにはぐれて