「同じ時代を」の歌詞 ASKA

1998/3/25 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかのかたにあたらぬように ギターを
ながれる風景ふうけいいて ドアがひら

むようなかぜをわけて ったまち
あのころがもうすっかりと なつかしい

どうしたって ぎてときなか
まっても はこばれときなか

いつのきみぼくだれらないときがくる
ぼくたちがむかしひとたちを らないように

しずくゆかちるような時間じかんぼくらはまれった
しあわせだとか かなしみだとかいながら

おな時代じだいあるいてぼくたちさ
物語ものがたりを つないでぼくたちさ

きみあいしつづけたすべてを 明日あすほうおくりたい
いつかとおどお未来みらいだれかに つたえることができるなら

どうしたって ぎてときなか
まっても はこばれときなか

おな時代じだいあるいてぼくたちさ
物語ものがたりを つないでぼくたちさ

おな時代じだいあるいて
物語ものがたりを つないで