「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」の歌詞 ASKA

1995/1/1 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
ダイヤモンドさえも
としかさねてる
ましてほしなんて
えてえて
Uh-ah yeah uh-ah
かたちあるものが
かぎりあるなんて
さびしさをえて
しんっている
科学かがくただしいと
迷信めいしんかぜそだった
ねえあお帽子ぼうしおか
夕暮ゆうぐれにかぜ
Ah・・・ ってみないかい
しずみかけの太陽見たいようみつめたら
ゆるすようにうなずいて
かえらない覚悟かくご
ついでのような角度かくど
Ah・・・ めりゃいい
Ya! yeah uh・・・
命尽いのちつきるまで
あいしつづけたい
命尽いのちつきるまで
すべてのうそまもりたい
かさぶただらけのこころ
いつもこいをして
ねえ 人込ひとごみのぬくもりが
夢見ゆめみがちな季節きせつ
Ah・・・ んでいないかい
そんなこたえのごとく
がる
あおそらかれても
むねながれるみず
もうひとつをうように
Ah・・・ ひびきゃいい(Yeah)

そんなすこしばかりの満足まんぞく
あおそらかれても
むねながれるみず
もうひとつをうように
晴天せいてんめるなら
夕暮ゆうぐれを
しずみかけの太陽見たいようみつめたら
ゆるすようにうなずいて
かえらない覚悟かくご
ついでのような角度かくど
Ah・・・ めりゃいい
Yeah・・・・ Woo・・・