「月が近づけば少しはましだろう」の歌詞 ASKA

2010/2/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いろんなことわれるたびにやっぱり よわくなる
いろんなことかんがえるたびかれて

恋人こいびとらないひとりのおとこになる

かべにもたれて もう一度受いちどうめる
ちいさなたきのあたりで

かどがるといつも せてしまう言葉ことばだけど
こころなかでは れて仕方しかたない

このゆびさきでそっと きとれるはずの言葉ことばだけど
もりはじめたら けて仕方しかたない

ごまかしながらきてたなんて おもわないけど
ゆめまみれですべむようなことばかりで

毎日まいにち自分じぶんをどこか けてた

ぼくなかとおひと
ほんの一瞬いっしゅんひと

あさ改札かいさつでは 大勢おおぜいひとながれて
カーテンをいて ベッドにころがる

しずかにわる時間じかんじるようにまぶたじる
つきちかづけば すこしはましだろう

うごきたくない身体からだ毛布もうふしずめていてた
まないサイレンのおと むねおとなのか

かどがるといつも せてしまう言葉ことばだけど
こころなかでは れて仕方しかたない

このゆびさきでそっと きとれるはずの言葉ことばだけど
もりはじめたら けて仕方しかたない

しずかにわる時間じかんじるようにまぶたじる
つきちかづけば すこしはましだろう