1. 草原にソファを置いて歌詞

「草原にソファを置いて」の歌詞 ASKA

1997/3/12 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
こころなか階段かいだんがってみた
ドアをけたら草原そうげんだった

はる花畑はなばたけには はながあるように
ぼくなかには ぼくがあった

いつからこんな気持きもちになれたんだろう

きみけるな頑張がんばれ」なんてまりの言葉ことば
ときにあらしでひとりぼっちにさせた

空色そらいろ草原そうげんぼくはソファをいて
どうでもいいことやあやふやなことにかれたい

でこぼこのくせにまるかおをする地球ちきゅう
明日あしたにさしたシャベルを いてあげたい

いつまでもぼくは ロマンチック馬鹿ばかでいよう

結局一番遠けっきょくいちばんとおかったのは自分じぶんこころ
途方とほうれてまってもみとめない

空色そらいろ草原そうげんぼくはソファをいて
いろんな道順みちじゅんのパズルをえてあそびたい

ぼくはときどきさびしかったけど
ああ 大人おとなになるともっともっとさびしかった

結局一番遠けっきょくいちばんとおかったのは自分じぶんこころ
途方とほうれてまってもみとめない

空色そらいろ草原そうげんぼくはソファをいて
どうでもいいことやあやふやなことにかれたい

空色そらいろ草原そうげんぼくはソファをいて
どうでもいいことやあやふやなことにかれたい