1. 都会の空歌詞

「都会の空」の歌詞 ASKA

1991/6/5 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとあこがれの
いつしか背中せなかしのばせて
とおゆめねらさだめて
はなつことを おぼえたという

たかたかそらえますか
このそら何処どこまで
ある都会とかい一人ひとりおんな
まりの そら

こんなもんだね こんなもんだねと
微笑ほほえかお
両手りょうてかく両手りょうてかく

もうこんなおもいは ごめんだと
噂話うわさばなしよことおりぬけた

だけど
やさしい ひとこえには
さびしいこころ
みみを すましてしまう

ひとこころ都会とかいそら
しんじるおひとよし
あめたれて ちた化粧けしょう
まだ ひとつつもり

だれ名付なづけたのか 花言葉はなことば
しんじる まよびと
よそおつか辿たどいたら
はなびらもない

こんなもんだね こんなもんだね
微笑ほほえかお
両手りょうてかく両手りょうてかく

都会とかいそら見上みあげれば
なにもかもが ただのひとりよがり

だけど あまゆめまどわされて
他愛たあいもないあこがれが
またがる