「にちよう陽」の歌詞 AZUMA HITOMI

2013/4/24 リリース
作詞
AZUMA HITOMI
作曲
AZUMA HITOMI
文字サイズ
よみがな
hidden
ふゆになるといつもおもうんだ
なつってどんなだったっけ
あきになればなんとなくそろり
はなれてったふたり

朝目覚あさめざめたらきな teaより きみをあっためたいよ

今度こんどこそたのしくなれる
もういいかい もういいよ
でもみつけにきてくれなかった

にちよう陽寝転びねころんで
きみいたいまだいたい
ソファのうえまどろむ午後ごご
いたいまだいたい
こうしてゆめのなか

ふゆになるといつもおもうんだ
なつってどんなだったっけ
よるになれば明日あしたへとさらり
時間じかんなが

くるまったおりの毛布もうふ きみのにおいがする

何度なんどでもめないように
くっついた とけった
おなじようにまたはるるの

にちよう陽寝転びねころんで
きみいたいまだいたい
ソファのうえひとりかくれて
いたいまだいたいこうして

にちよう陽沈びしずんでく
きみいたいまたいたい
おもはぎゅっとまるめて
いたいまたいたい
こうしてゆめのなか