「冬の幻」の歌詞 Acid Black Cherry

2008/1/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ写真しゃしんわらってる
大好だいすきだった笑顔えがお
11月じゅういちがつ夜明よあまえ
天国てんごく旅立たびだった…

さむさによわぼくの シャツにれたりして
きみよろこぶから ふゆきだった…

粉雪こなゆきまないで
ひらえないで
はかなすぎるいのちかさなるから
ふるえたこえで かじかんだ
ただきみさがつづけているよ

むしこわがりだから
はやきみつけなきゃ
どこにもいるはずないのに
ふゆかおりがしたよ

まるで子供こどものように 「さむい‥」ってはしゃぎながら
きみきつくから ふゆきだった…

きみつけられない
くるしくてねむれない
いたい…」 いたい気持きもおさえられない
ゆめにもたれて しずかにいて
きみさがつづけている
神様かみさまがいるのなら
奇跡きせきこるのなら
ぼくねがひとつだけかなうなら
もう一度いちどだけ きみわせて
まぼろしでもいいから…

粉雪こなゆきまないで ひらえないで
はかなくて… こえにならない
せめてゆめでイイ きみいたい
そっとあたためてあげたい

きみつけられない
くるしくてねむれない
いたい…」いたい気持きもおさえられない
ゆめにもたれて しずかにいて
すこしずつあるいてみるよ
でもきみわすれない
なみだならながさない
ぼくこころなかきてるから
しろ景色けしききみうつして
あの笑顔えがおのまま…