1. 六等星の夜歌詞

「六等星の夜」の歌詞 NO.6 ED Aimer

2011/9/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きずついたときは そっとつつみこんでくれたらうれしい
ころんでてないときは すこしの勇気ゆうきをください

おもいはずっととどかないまま 今日きょうつめたいまちでひとり
ココが何処どこかもおもせない

わらないよるねがいはひとつ "ほしのないそらかがやひかりを"
もどれない場所ばしょてたものでさえ まれわって明日あしたをきっとらす
星屑ほしくずのなかであなたに出会であえた いつかの気持きもちのままえたらよかった
もどらない過去かこいたことでさえ まれわって明日あしたをきっとらしてくれる

ねむれないときは そっとをつないでくれたらうれしい
夜明よあけはるよと ささやいていて うそでもいいから

ねがいはずっとかなわないまま 今夜こんや 星座せいざって
えてしまった もう、もどれない…

わらないよるねがいはひとつ "ほしのないそらかがやひかりを"
いまとおすぎてはかなほしでも まれわって夜空よぞらをきっとらす
星屑ほしくずのなかで出会であえた奇跡きせきひとゴミのなかにまたえなくなる
もどらない過去かこいたよるたちに
げるサヨナラ明日あしたはきっとかがやけるように

こんなちいさな星座せいざなのに
ココにいたこと 気付きづいてくれて ありがとう

わらないよるねがいはひとつ "ほしのないそらかがやひかりを"
もどれない場所ばしょてたものでさえ まれわって明日あしたをきっとらす
星屑ほしくずのなかであなたに出会であえた いつかの気持きもちのままえたらよかった
もどらない過去かこいたことでさえ まれわって明日あしたをきっとらしてくれる