「雪の降る街」の歌詞 Aimer

2012/2/22 リリース
作詞
aimerrhythm
作曲
黒田晃太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
こいしくて ただこいしくて いま 粉雪こなゆきまちつつみこんだ

えなくなって はじめていた
大切たいせつなコト そばにいたコト
灰色はいいろそら つめたいかぜける
キミのこえ こえるがするのはどうして?

ためいきしらんで
季節きせつはめぐる くす心残こころのこしたまま

こいしくて ただこいしくて いま 粉雪こなゆきまちつつみこんだ
どうして? まれたてのおもいが そっとのひらでけてゆく

かじかんだゆび 吐息といきあたためた
いとしくおもう あのぬくもり
ひとりになって 3度目さんどめふゆ
つたえたいのは 「元気げんきでいるよ」と それだけ

大切たいせつおも
もるゆきのように また景色けしきめていく

こいしくて ただこいしくて いま 粉雪こなゆきがナミダつつみこんだ
どうして? 突然とつぜんせつなくて そっとれたほほやしてく

まえいまかぶ
えきのホーム キミはなみだこらえながらわらってた

あとすこしだけ せつないふゆなか
二人ふたりきり 夢見ゆめみていたかった
そうだよ このゆきがやむころには きっとまたあるいていけるよ