「花火」の歌詞 Akeboshi

2006/4/19 リリース
作詞
Akeboshi,Bun Onoe
作曲
Akeboshi
文字サイズ
よみがな
hidden
おさなきみははかれ
すこはなれた ぼくいえへと
きみよるは いつもよりおそくまで
らかしたままの部屋へやあそべたんだ

きまぐれなヒステリー、ほつれたぬいぐるみ
無邪気むじゃきわら笑顔えがおなか
いつもほっぺたにきずをつけていた
だれにもえないきみ秘密ひみつ

よるけたころおもったよりずっとやわらかなきみにぎりしめて
しずまりかえるまちけてとおく、とおくへ、ふたり、あるいて

おはじきの宝石ほうせき たいらな地球ちきゅう
ヘビのがら っぱのおさら
まつりのあときみはひとりたたずんでいた
なみだかべて ぼく

よるけたころおもったよりずっとやわらかなきみにぎりしめて
しずまりかえるまちけてとおく、とおくへ、ふたり、あるいて

やがてとき
偶然ぐうぜんすれちがったきみ
ちいさなにぎりしめて
しあわせそうなかおあるいていく
とおく、とおくへ、えていく

花火はなびはパラシュート、絵本えほん星空ほしぞら
きみいてあるつづけた
おはじきの宝石ほうせき たいらな地球ちきゅう
ひたすら二人ふたりあるつづけた
星空ほしぞらした 線路せんろうえ
ひたすら二人ふたりあるつづけた