「BLUE FLAME」の歌詞 Alice Nine

2011/6/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かささずにいる
雨音達あまおとたち おどる ワルツを
かたかんじていたくて いま ひとみじた

つめたくなってしまうほど たしかにかんじる温度おんど
むねえる あおのようで

(not)too late, too late, too late

まだ あいしてるとって
ありふれた言葉ことばとどかない とどかない きみ背中せなか
もうさけんだねがいも あめながされて わすれられぬまま

薔薇ばらてたね
あまいたのこおも
おそい」ことはないはず
またあるすから

てのひらのこかおりを わすれてしまう、そのまえ
筋書すじがきさえ えてゆくよ

(not)too late, too late, too late

また、ねがえばきずつき なみだえない わかってる わかってる ぼくよわ
でも きみれたこと ごした季節きせつ無駄むだにしたくない

かぞえきれないよ きみがくれたもの
記憶きおくなかで せめて そばにたい

かなしみをして いとしさをして らくになれるかな わすれられるかな?

(not)too late, too late, too late

まだ あいしてるとって
ありふれた言葉ことばとどかない とどかない きみ背中せなか
もう さけんだねがいも やがてにじになり ひかりすまで