1. 遠くの君へ歌詞

「遠くの君へ」の歌詞 Ao

2009/9/2 リリース
作詞
安田貴広
作曲
安田貴広
文字サイズ
よみがな
hidden
あぁ くすぶおもいが
きみあしからまり
いつまでっても昨日きのうしばけていた

みんなあめれても
ちゃんとまえいているよ
明日あしたにはいまよりすこすすんでいるんだろう

季節きせつめぐ気付きづけばだれもがきみ
りにしていく
そんなたときに
ひとおもしてほしいこと

むねおくでいつもきみかすそれは
大事だいじなモノだよ
ときにはいたいけど
かなしいおもいもきっと
笑顔えがおつちとなろう
そうさ いつかきみがまたあるきだすため
ながれるなみだきみつよさをつく

こんなおもいをぼくうたっていたことを
おもしてくれ

あぁ 人類じんるい平和へいわねがうためのうたなど
結局誰けっきょくだれすくえないってことにやっと気付きづいた

だったらせめて
きみ半径3はんけいさんキロにけて
うたってみたいよ
そんなふうおもえたら
まないはずのあめすこしだけ
おさまってきたような

もしかしたらもう明日あしたれるかな

なみだながせる自分じぶんたいぼく
なみだながしてたきみたかったけど

いまできることは
うたうことだけ

だから

むねおくでいつもきみかすそれは
大事だいじなモノだよ
笑顔えがおすらつくるモノ
かなしいおもいは全部ぜんぶ
なみだ過去かこえるだろう
そしていつかきみがまたがるとき
見渡みわた世界せかい
きっとすこちがってる

こんないのりをいつまでも
ずっととおくのきみうたつづけるから
どうかとどいてくれ