「きらきら ~original ver.~」の歌詞 Aqua Timez

2009/3/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
潮風しおかぜ波音なみおとひびきあい 水平線すいへいせん夕日ゆうひす そのとき
二人ふたり見送みおくる ただしずかに よるおとずれを 無数むすうほしいろどった
あざやかに 星座せいざ静寂せいじゃくをかきらす このままじゃ ぼくしてしまいそうで
沈黙ちんもくはらうコトバをさがしたけど つからないそして、最後さいごのキスをした

きらきらな日々ひびけのぼるきみに ここからエールをおくるよ
別々べつべつみち約束やくそくへそこでかならおう そのときは とびきりの笑顔えがお

テトラポッドにくだかれるなみ とりたちのはばたきがそらみちつくった
ぼくはまだ きなうた手放てばなせぬまま この場所ばしょちいさなあいをあたためてる
いつきみかえってきたって きちんとまた そのうたきみかせられるように

時々ときどきこわくなる 大切たいせつなものは とてもこわれやすいから
綺麗きれいおとをたて くずれてくまえに しっかりとめよう

きらきらな日々ひびけのぼるきみに ここからエールをおくるよ
別々べつべつみち約束やくそくへ そこでかならおう
また 二人ふたりわらったり また ふざけあったり
あさまで ままにかたかせるのも きてるからなんだ
片方かたほうんじゃったら けんかもできなくなるんだ
まず きてればこそ