1. 世界で一番小さな海よ歌詞

「世界で一番小さな海よ」の歌詞 Aqua Timez

2007/11/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ひかりちたあの芝生しばふあないた風船ふうせんをふくらませようと 必死ひっしだった
とおくなるような そのしずかな作業さぎょうだけが にぎわいへの抵抗ていこうだった
あそんでもらえぬ子供こどもは つまさきをじっとつめたままで
あたまでかなしみを処理しょりしようとするけど
こころくびよこ飴玉あめだまをゆっくりあじわうように
ひとり きてく苦味にがみるしかない

からだふるわせねむねこには ごえにならぬ過去かこがある
わすかたらないぼくらは 背負せおわされたやみ ひかりえてゆけるかなぁ

かくされた上履うわばつかったって かなしみはわらないから さがさなかった
こころきしおと 説明せつめいしたってどうせつたわらないから はなさなかった
何度なんど ばしたって かぬ背中せなかがあることを
とき未来みらいつばくけれど
ひねくれたところでぼく所詮しょせん 純粋じゅんすいてきれないのさ
だれもが子宮しきゅうぬくもりにくるまれてた

すすりくようなかぜ伴奏ばんそうに アイノウタをひびかせたよ
だれかにいてほしいのに だれにもこえないこえで アイノウタをひびかせたよ

過去かこわらず 未来みらいはわからず しがみつこうとすれば
不安ふあん希望きぼういかけまわす

暗闇くらやみなか つめたいすりにれていかれるようにあるいた
なにがけてすすんでるのか わからなくなって づいたらしゃがみこんでた
素直すなおあいしいとえたなら 虚栄きょえい羽織はおらずにすむのに・・・
世界せかい一番小いちばんちいさなうみよ あなたはうつくしい あなたはうそをつかぬから