「夢風船」の歌詞 Aqua Timez

2007/5/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ある一枚いちまいまえきもせずながめてるおんな
えがかれたには あいながれてる ひと皆同みなおなゆめてるのかもね
なく連続れんぞくしてゆくのは 未来みらい記憶きおくうつすシャボンだま
希望きぼうんでまた青空あおぞらばす おそれることなんてなにもなかったんだ

無意識むいしきおかに「らしさ」とゆうかぜくだろう きみはそのかぜなかむねっておどればいい
しがみついてたおおくのかざりを手放てばなしたとき きみきみもど
ありのままで素晴すばらしい自分じぶん

約束やくそく」と名付なづけられたなか 二人ふたりはどんなゆめてたのかな
ぼく小指こゆび小指こゆびでするそれをいくまもれてこれたのだろう かんがえさせられるよ
追憶ついおく理想りそう散歩さんぽけばぼくよるまでれてきた
さびしさのらないまちほしひからない いま 千年前せんねんまえひかりうつ

しあわせなんて言葉ことばわすれてただいかける その姿すがたがどうであれぼくみちであればいい
だれもが旅人たびびとでどこかにかってあるいてる くじけるたびあいするひと笑顔えがおたすけられながら

昨日きのうがどうだったとか 明日あすはどうなってくだとか いろんなことかんがえるけれど
ないものにおびえるより るものとってゆくつよさをしんじてきてゆこう