「小さな掌」の歌詞 Aqua Timez

2007/10/31 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
からだぼくこころのことをぼくよりわかってくれてる
緊張きんちょうすれば てのひらあせにじ
いつだったかなぁ 奥歯おくばまらせたはずのなみだ
かなしみをかなしむということをおそわったのは
希望きぼう言葉ことばをたくさんバッグにんでたび
かえたびきみめてくれた
いつの言葉ことばえらべず途方とほうれるぼく 言葉ことばたよらずきしめるきみ
きみほうがずっとさびしいおもいをしてきたのに

しゃがみこむ背中せなかをさすってくれる いつもそばにあるちいさなてのひら
どんなに綺麗きれいかざられた言葉ことばよりも そのぬくもりにたすけられてきた
なにもかもうまくいくときではなく なにもかもうまくいかぬときにこそ
ひと大切たいせつ存在そんざい気付きづくのでしょう どんなぼくあいしてくれるきみ
ありがとう いつもそばにいてくれて

くさむらによこたわって ながれるくもながめると
しずかなこころもどすことができた
すこしだけ 昨日きのうよりもやさしくなれるがするその場所ばしょ
一人ひとりではきていけぬこと かみしめてた
それでもはる彼方かなた ゆれる奇跡きせきはなせられて
まもくべき日常にちじょうらしてしまう
もっとむかし 青春せいしゅん青春せいしゅんともらず けてから気付きづいたように
大切たいせつひと大切たいせつさを見過みすごしてく

うつくしいおもいだけじゃきられず 約束やくそくそらよごしてしまえた
あんなに綺麗きれいとおそらしたで そのあおに「かならず・・・」とちかったのに
ひびれた理想りそう手離てばなせぬまま きてきた日々ひびおもかえすけど
うしろばかりてたら明日あすかなしむから ひとまえすすむしかないんだよ
まえにいるあいすべきひとのためにも

えぬ傷跡きずあとをさすってくれる やさしいてのひらがあるということ
世界中せかいじゅう拍手はくしゅをもらうことよりずっと 大切たいせつなものがそばにあった

いそがしくらす日々ひびまよおもいやりが無意味むいみおもえても
二度にどとなくしてから気付きづくことのないように
こんなぼくあいしてくれるきみに 「ありがとう」のうたをつくりました

言葉ことばじゃりない きっといつけないよ
言葉ことばじゃりないけど、ありがとう。